基礎体温を測り体調を知る

妊娠をするためには、基礎体温を測ることが大切です。基礎体温を測ることで妊娠のために必要な様々なことがわかります。基礎体温は毎日欠かさず測らなければ意味がありません。それと測るのは決まって朝起きた直後です。日中では、毎日時間を決めてもその前にやっていた行動によって体温が微妙に変わってしまうので、正確なデータがとれません。朝起きた直後なら、その人の自然な体温になっているので記録に最適です。
正しく毎日測ると、一か月のうちに高温期と低温気があることがわかります。だいたいそれぞれ14、5日周期で切り替わります。また、低温期から高温期に変わる間の2、3日のことを排卵日といいます。
低温期には、生理が来ます。この期間には着床できないので、妊娠には不向きです。排卵日は、最も妊娠の確率が高いです。
一か月のうちに数日しかないので、その数日を知るためにも基礎体温の測定は大切だと思います。妊娠の適正だけではなく、妊娠そのものもわかります。妊娠をすると、高温期が1か月近く続きます。その時期は体調の変化が激しくなるので、早めに産婦人科を受診してください。
ただし、低温気が1か月以上続くと不妊症の疑いがあります。基礎体温の測定は難しいことではないので、妊娠を希望されている方は記録してみてください。