意外と国内では人気がないドイツの車

日本人からすれば、性能が良くて日本にないようなデザインを持ち、持っていれば自慢できるドイツ車ですが、本国ドイツでは意外と人気がありません。それは性能がどうだとか燃費が悪いからどうだということではなく、ただ単に車両価格が高いということが原因になっているようです。
ご存じのとおり、ヨーロッパは国が陸続きになっており、他国から工業製品を輸出入するにも日本のように飛行機か船を使うというのではなく、近距離なら国内の輸送と同じように車両運搬トレーラーを使って輸送しています。その分他国の自動車が安く手に入りやすい状態となっており、ドイツでも価格が高いメルセデスベンツやBMWを買わなくてもお隣のフランスの車を買った方が安く済むのです。
ドイツ国内を見回してもドイツ車に乗っているのはお役人か金持ちだけで、一般市民はドイツ車ではなく、もっと価格の安いイタリアやフランスの大衆車に乗っているのです。日本人にしてみれば、いわゆる外国産車の方が車両価格が高くて、なかなか購入しづらいというイメージがありますが、ヨーロッパではそういう考え方はないようです。
周りに海に囲まれて気軽に隣国にまで買い物に行くなんてことができない日本にとってこういう感覚は一生持つことはできないでしょう。本国ドイツでもメルセデスベンツやBMWは高級品なのです。

アウディ 下取り