エコカーとして君臨していくハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルは、プラグインハイブリッドモデルも含めて考えれば、今のところ一番効率の良い車であることは確かです。
燃費が良い上にもしハイブリッドバッテリーの容量が少なくなったとしてもプラグインハイブリッドであれば家庭用電源から受電できるし、出先でなくなったとしてもエンジンがかかって充電してくれます。
エンジンをかけて充電したり、走ったりするということを考えても世の中にたくさんあるガソリンスタンドがあるので、よほどのことがない限りガソリンが底をつき、動けなくなるということはないでしょう。

エコの観点から言えば一番いいのがEV、いわゆる電気自動車ですが、これを生産しているのは日産と三菱だけで車種も数台しかないといった状態ですし、EVの燃料となる充電スポットもまだまだガソリンスタンド同じというところまでは来ていません。
それに何と言ってもトヨタが全く関知していないので国も積極的に充電スポットを作ろうとはしません。
トヨタといえば、最近水素燃料電池搭載のFCVを発売し、水素を充填するための水素ステーションを国が一生懸命作るように後押ししていますが、一か所作るのに何億円もかかってしまい、それに近隣からの反対運動が激化していることもあって、こちらもなかなか増えておらず、ガソリンスタンドと同じようにどこでも水素を充填することができるという状態ではありません。
となるとやはりガソリンスタンドで気軽に給油できるハイブリッドモデルが一番ということになり、これから先もハイブリッドモデルが一番のエコカーとして君臨していくことでしょう。