自動車保険をどんな視点で選ぶか

自動車の保険には、「代理店型自動車保険」と「通販型自動車保険」の二種類があります。
代理店型自動車保険というのは、保険会社などに仲介してもらって保険に加入するというものです。最も一般的な自動車保険です。
代理店の担当者の方が親身になって直接相談に乗ってくれるので、保険選びがしやすいと思います。
また、事故対応にも特化しているので、いざというときに頼りになります。
保険料は比較的高いですが、欠点が少ない安心できる保険です。

通販型自動車保険は、仲介なしで加入する保険のことです。
インターネットなどで気軽に登録できて、代理店型と比べると便利な保険だと思います。
仲介料金がかからない分、保険料が安いです。
割引プランをたくさん用意しているところもあって、コストを気にしている方にはお勧めできます。
ただ、相談に乗ってくれるスタッフなどはいないので、自分で判断して保険を選ばなけばいけません。
また、代理店型ほど保険プランは充実いないので、万が一の時が心配です。
ある程度の保険知識があればどちらでも大丈夫だと思いますが、車を購入したばかりという人などは代理店型を選んで慎重な保険選びをしてください。