Month: 2月 2015

査定で見る修復歴の有無

車に乗っていると事故にあったり、どこかにぶつけてしまったりして車に傷やヘコミなどを作ってしまうこともあると思います。
どこかが壊れてしまったり傷がついてしまった場合は、自分で修理したりディーラーや修理工場などで修理してもらったりして修復することになるのですが、その修復の規模によっては車を売却する時に行う査定のマイナス要因となることがあります。
特に事故の時に傷つきやすいフロント側はかなり厳重にチェックされることが多く、ちょっとしたことでも査定額が低くなる可能性があります。
マイナスになる可能性があるのであれば隠せるものなら隠したいところですが、査定士だって素人はありません。
その車に今までどんな修復歴があるのか車を見ればすぐにわかるのです。 Continue reading